キラキラは特になし。ワイワイガチャガチャな日々の気づき拡散中!!

反抗期の娘とのつきあい方をちょっと真面目に語ってみる。

【 反抗期の娘とのつき合い方 】

 

といっても、解決方法が見つかったわけではありません。

 

ただいま現在進行形で反抗期中のレオさんの前に、

 

長女にもまた、反抗期旋風が訪れていた時期がありました。

 

長女が中二のとき、、それは突然訪れました…

 

第一次大戦勃発 》

 

のちに、私はこう呼ぶことにしました。

 

まず、無視から始まり…

 

口聞かない

 

目は半分くらいしかあいてない

 

じたんだ踏む

 

部屋の戸バーンて閉める

 

にらむ

 

こっちが頭きていーっぱい話しても

 

ひたすらにらむ

 

泣きそうで泣かない

 

その他もろもろ…

 

私も初めは戸惑って、

 

真剣に向き合おうと思えば思うほど

 

空回りして、私は言いたいことだけ伝えて

 

部屋まで怒りながら追いかけてって、

 

なのに長女の話は、何も聞こうとせんかった…

 

ても、親だから

 

何かを教えなくっちゃって

 

何か指標になるものを示さないとって

 

必死だった。

 

でも結局、なんにも伝わってなかった。

 

“違う”って気づいたのは…1年ぐらいたち、

 

高校進学について、少し話をするようになった頃。

 

私→「高校どうすんの?」

 

長女→「…どっかは行けるやろ」

 

私→「いやいや、その成績で選択肢あると思ってんの??」

 

長女→「は?」

 

私→「あんな、行く高校でこれからの人生決まるんでよ!」

 

長女→「…」

 

私→「いや、マジで。得意のだんまりされても知らんけん!高校落ちたりしたら、恥ずかしくてここにも住めんかもな!どっか県外行かないかんよーなるかもな!」

 

はい、サイテー!!!!

 

今思えば、なんてこと言っちゃったんやろって。

 

高校進学でなんか人生決まらんし、

 

ましてや、恥ずかしがることでもない。

 

でも、その時は疑うことなくそう思ってたので、ただ自分の思いだけを長女に伝えていました。

 

その結果、、

 

ますます勉強しなくなりました。

 

長女からすると、反抗というよりは

 

何か自分の力で証明してやる”ぐらいの感じだったんかもなー。

 

でも、もちろん選択肢の幅は広がるはずもなく、

 

私だけ焦り

 

時間だけがどんどん過ぎていき、

 

そのうち、志望校をほぼ決定しなくちゃいけない三者面談がやってきました。

 

先生から、

 

先生→「この高校も、全然狙えないわけじゃないから頑張ってみん?」

 

と言われたことに対して長女が出した答えは、

 

長女→「同じ中学からこの高校にいっぱい行くから、誰も行かんこっちの高校行く!」

 

え!?!?

 

わざわざ友達が誰も行かん高校に行く意味って…何???

 

もっかい、いちから友達作りとか大変やん!!

 

って思い、問いただしてみると、

 

長女→「別に今の中学の友達が嫌いとかでないし仲良いけど、高校は知っとる子がおらんとこいって、新しい友達作ったりしたい。

今すぐにやりたいことがあるわけでもないし…高校行って色々やりたいこと見つけるわ。」

 

え、なんか、そんな風に考えてたんや…

 

勉強せんし、反抗するし、ただのアホかと思ってたのに…

(まーそれはそれで親としてアカンよね笑)

 

 これが正解なんかどうかは私には分からんけど、

 

てかそもそも、人生の中に

 

正解とか不正解とかないんだろなー。

 

まーでも、少なくとも長女にとってはいい選択だったようです。

 

f:id:masantan:20180807011135j:image

※高一の文化祭ですかね、これは。

 

その後、自分が希望した高校に行き、高校卒業後も集まれるような信頼できる友達ができ、

 

将来の目標ができ、専門学校に進学しました。

 

そして今現在、専門学校2年生。

 

これまでしてこなかった分を取り返すかのように、日々勉強しています。

 

私が、少しばかり長く生きているからと、偉そうに人生観語ってみたり、

 

将来の為にと、完全に親本位でしかない道を案内したり…

 

自分が学生の時に親にされていたこと、

 

されて嫌だったことと同じようなことを長女にしていました。

 

それでも、そんなアホ親である私のアホな提案を受け入れずに、

 

自分の道を自分で見つけ出した長女は、

 

ただただすごいと思います。

 

それまでは、

 

「いつまでも子供やし、自分で決断する力なんかないやろ?」

 

って思ってました。

 

「それやのに、何も分かってないくせに反抗ばっかしやがって」

 

とも…

 

何も分かってないのは私のほうでした。

 

子供は反抗してても何してても、

 

将来のこと自分のことちゃんと考えてるんだと思います。

 

10年後とかじゃなくても、1年後2年後…って、

 

それもまた、将来の、未来のことです。

 

先々を見据えることも大事やけど、

 

まずはすぐそこの未来についても考えないとダメでしょーよ!ってことですよね。

 

その近い未来を楽しめてないと、その後に楽しいことが待ってるなんて思えない!!

 

それに親がわざわざ、「こっちの道だよー!!」って案内しなくても、

 

自分で見つけられるスペックを手に入れられるんです!!

 

だから、反抗期ってあるのかも。

 

ちょっと時間をおいて、親との距離をとって、

 

自分で自分のことを考える時間。

 

ま、確かに道をそれちゃう時もあるかもしれんけど…

 

それは、そん時にまた考えよう!!ってことで笑

 

残り1年半の専門学校生活を送る長女。

 

なかなか厳しい道でもあるし、挫折もいっぱいするやろうけど、

 

自分が決めた夢に向かって頑張ってほしいです!!!

 

家のことも押し付けたりしていっぱい助けてもらってるけど、

 

卒業までしっかりサポートさせていただきます!!!

 

 ※最後まで読んでくれてありがとうございます。

 もし、少しでも共感する部分があったり、おもしろいって部分があれば

 ぜひシェアしてください( ´艸`)

 

 

 

コメント